ナビゲーション

ナビゲーションへ

サブサイト

グローバルメニュー

UBSフランス 盗まれた銀行顧客情報でも法的支援可能に、スイス最高裁決定

スイスの連邦最高裁判所は、UBSフランスから盗まれた顧客情報について、脱税が疑われる場合はスイスが法的支援を行うことを認める決定を出した

スイスの連邦最高裁判所は、UBSフランスから盗まれた顧客情報について、脱税が疑われる場合はスイスが法的支援を行うことを認める決定を出した

(Keystone)

スイスの連邦最高裁判所は13日、フランス国内にあるスイスの金融大手UBSフランスから盗まれた顧客データについて、盗難であっても脱税が疑われる場合はスイスがフランスに必要な法的支援を行うことを認める決定を出した。

 連邦最高裁他のサイトへは、2015年に連邦行政裁判所が出した決定を破棄。フランス国内で盗まれた顧客情報にはスイスの法律が適用されないため、二重課税をめぐる両国の合意が法的支援を供与する可能性を排除することはないとした。

 UBSフランス他のサイトへでは10年、元従業員が盗まれた約600人分の顧客リストを仏当局に転送。スイス税務当局の法的支援を求める2件の申し立てが含まれていた。

 行政裁判所は法的支援を一時的に停止する判決を出したが、顧客の1人が不服として上告していた。

顧客情報を自動的に交換

 連邦財務省によると、法的支援を求める申し立ては昨年、6万6500件を超え最多を記録。申し立ての大半がフランス、スペイン、ポーランド、スウェーデン、オランダからだった。

 スイスと合意を締結した国は今後、スイスに対し、自国民の口座情報を開示するよう申請する必要がなくなる。データは1年に1回、自動的に提供されるためだ。

 用途は税の徴収に限り、公開できない。スイスは17年以降、データの収集を開始する予定で、翌18年から一部の国と情報共有する。

外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。


(英語からの翻訳・宇田薫)

×