スポーツ

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

スイスのウィンタースポーツ スキーのラウバーホルンW杯、開催地にもたらす経済効果は?

スイスの山村ヴェンゲンで毎年1月に開催される国際スキー連盟(FIS)のラウバーホルン・スキーワールドカップ(W杯)。連盟が主催するアルペンスキーW杯では最も歴史が古く、最もコースが長いことで知られる。W杯によって世界的に注目されたこの小さな村だが、この大会が村にもたらす経済効果はどのくらいなの...

サッカー界の汚職問題 FIFA、改革の約束の裏で巨額の報酬を支給

汚職問題に揺れた国際サッカー連盟(FIFA)が組織改革と財政健全化に取り組む一方で、昨年、幹部に1千万ドル(約11億円)近い報酬を支払っていたと一部メディアが報じた。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

ツェルマットは360キロのコースを提供 スイスのスキー場 最もお得な価格で長い距離を滑れるのはどこ?

スイスアルプスで、最もお得な料金で最も長いコースを滑れるスキー場はどこ?スイスインフォが各スキー場の料金と滑走距離を分析したところ、マッターホルンのお膝元のツェルマットなどは料金が割高だが、それにはわけがあることを突き止めた。

スイスのスキー場 リフト券の大幅値下げでスキー客を呼び戻せるか?

過去数年、業績不振が続いたスイスのスキー場。今季はシーズン券の大幅値下げやスイスフラン安の効果で、離れたスキー客がゲレンデに戻ってくることを期待している。

雪不足に悩むスキーリゾート 人工雪を効率的に グシュタードの取り組み

慢性的な雪不足に悩むスキー場。人工雪に頼らざるを得ないスキー場も少なくないが、水や電気など経費もかかり環境への負荷も高い。スイス有数のスキーリゾート、グシュタードは、一つの解決策を見出した。

テニス界のスター フェデラー、再びスイスの「スポーツ選手大賞」に

ロジャー・フェデラー選手(36)が、スイスの今年のスポーツ選手大賞(男性部門)に選ばれた。フェデラー選手が選ばれるのは9回目。今年は全豪オープン戦やウィンブルドン選手権のほか、5つの男子プロテニス大会で優勝し、素晴らしいカムバックを果たした。

サイン・オブ・ザ・イヤー 手話の流行語大賞、「ロジャー・フェデラー」に

スイスろう連盟は6日、手話の流行語大賞「サイン・オブ・ザ・イヤー」に男子テニス選手の「ロジャー・フェデラー」を選んだと発表した。フェデラー選手は連盟のサイトで、覚えたての手話を使ってファンに喜びのコメントを送っている。

余暇

ヨーロッパ有数の勇壮な山々、きらきら輝く湖、深い森。豊かな自然に恵まれたスイスではさまざまなアウトドアが楽しめる。 ハイキングとスキーは最も人気。ハイキングルートは延べ6万キロメートル以上に及ぶ。道には行き先や所要時間を示す掲示板が立ち、山間の村から山頂行きのゴンドラやリフトが出ている。 ...

限界に挑戦 スイスチーム、手漕ぎボートで大西洋横断へ

4人の若いスイス人男性が今月12日、カナリア諸島のラ・ゴメラ島(スペイン)から出航する。乗り込むのは手漕ぎボート。5千キロメートル離れたカリブ海のアンティグア島(グアテマラ)を目指す。ストロークは総計1万回にものぼる見込みだ。

国際オリンピック委員会 ロシア、18年冬季五輪出場禁止に

国際オリンピック委員会(IOC)は5日、ロシアの2018年冬季五輪(韓国・平晶)への出場禁止を決めた。ただし「ロシアからの五輪選手」として出場する道も残した。

チューリヒで寒中水泳大会 川に飛び込むサンタ

スイス・チューリヒで3日、聖ニコラウス寒中水泳大会(Samichlaus-Schwimmen)が開かれた。水着とサンタの帽子だけを身にまとい、324人がチューリヒ湖に注ぐリマット川に飛び込んだ。

バレエ ローザンヌ国際バレエコンクールのディレクター、辞任へ

若手ダンサーの登竜門として世界的に有名なローザンヌ国際バレエコンクールの芸術監督で最高経営責任者のシェリー・パワー氏が、家庭の事情により、来年2月第46回目のコンクール開催終了をもって辞任する。20日、同コンクール実行委員会会長が発表した。 ...

サッカー スイスが4大会連続ワールドカップ出場へ

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の欧州予選プレーオフは12日、第2戦が行われ、スイスが北アイルランドと0―0で引き分け、1勝1引き分けで4大会連続11回目のワールドカップ出場を決めた。

スイス・ベルン出身の元プロ自転車選手 自転車の五輪金メダリスト、カンチェラーラ氏が不正?

2016年リオデジャネイロ五輪の男子個人タイムトライアル金メダリストで、昨年引退したスイスのファビアン・カンチェラーラ氏(36)が不正を働いていたと、米国の元プロ自転車選手が自身の著書で訴えた。

アーカイブ~あの日 あの時~ さようなら、ヒンギス

かつて天才少女と呼ばれ、4大大会通算25勝という輝かしい業績を挙げた女子テニスの元世界女王マルチナ・ヒンギス(37)が、3度目の引退を表明し、その現役生活に終止符を打った。スイスインフォは2003年、一度目の引退をしたヒンギスにインタビューをしていた。

テニス フェデラー、ボール拾いの子供たちにピザのサービス

初心を忘れずー。男子テニスのロジャー・フェデラー(36)が29日、出身地のバーゼルで開かれたスイス最大級の室内テニス大会「スイス・インドア・バーゼル」の試合後、コートでボール拾いをする少年少女にピザを振舞った。