スポーツ

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

サッカー スイスが4大会連続ワールドカップ出場へ

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の欧州予選プレーオフは12日、第2戦が行われ、スイスが北アイルランドと0―0で引き分け、1勝1引き分けで4大会連続11回目のワールドカップ出場を決めた。

スイス・ベルン出身の元プロ自転車選手 自転車の五輪金メダリスト、カンチェラーラ氏が不正?

2016年リオデジャネイロ五輪の男子個人タイムトライアル金メダリストで、昨年引退したスイスのファビアン・カンチェラーラ氏(36)が不正を働いていたと、米国の元プロ自転車選手が自身の著書で訴えた。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

アーカイブ~あの日 あの時~ さようなら、ヒンギス

かつて天才少女と呼ばれ、4大大会通算25勝という輝かしい業績を挙げた女子テニスの元世界女王マルチナ・ヒンギス(37)が、3度目の引退を表明し、その現役生活に終止符を打った。スイスインフォは2003年、一度目の引退をしたヒンギスにインタビューをしていた。

テニス フェデラー、ボール拾いの子供たちにピザのサービス

初心を忘れずー。男子テニスのロジャー・フェデラー(36)が29日、出身地のバーゼルで開かれたスイス最大級の室内テニス大会「スイス・インドア・バーゼル」の試合後、コートでボール拾いをする少年少女にピザを振舞った。

早い雪化粧 スイスアルプスで初雪を観測

スイスの標高千メートル以上の地域で23日、初雪を観測した。アルプスの複数の峠が通行止めとなった。

電動飛行機 電動モーターグライダー、アンタレス

独飛行機製造会社Lange Aviationが開発した電動モーターグライダー「アンタレス」。電動モーター付きとして初めて認可された機体だ。この機体のソフトウェアを開発したカール・オルセンさんが紹介する。

シーメンスなどが開発 曲技飛行訓練もできる 初の電動飛行機

電動飛行機、ハイブリッド式飛行機が一堂に会した欧州初の飛行ショー「スマートフライヤー・チャレンジ」が9月、スイスのソロトゥルン州で開かれた。独シーメンス社の電動飛行機部門の責任者、フランク・アントンさんが、自社が開発した「Magnus eFusion」を操縦して会場入りした。 ​ 

スマートフライヤー・チャレンジ 無音の空中遊泳 スイスで欧州初の電動飛行機ショー

スイス北部のソロトゥルン州グレンヒェン近郊で9月、電動飛行機やハイブリッド飛行機が一堂に会する欧州初の飛行ショー「スマートフライヤー・チャレンジ」が開かれ、最新のテクノロジーを駆使した機体がスイスの空を舞った。

オークション ヤングボーイズのセントバーナード像、8千フランで落札

パブリックアート作品としてベルンに設置されていたセントバーナード像が18日、オークションにかけられ、地元サッカークラブ「ヤングボーイズ」の選手らがデザインした作品が8千フラン(約92万円)で落札された。

サッカー・ワールドカップ 汚職疑惑のFIFA元事務局長の捜査を開始 スイス検察

スイス連邦検察庁は12日、サッカーのワールドカップ(W杯)をめぐる汚職事件で、国際サッカー連盟(FIFA)のジェローム・バルク前事務局長と、ビーイン・メディア・グループのトップで、フランス1部リーグに所属するパリ・サンジェルマンのナセル・アル・ケライフィ会長の捜査を開始したと発表した。

招致活動で賄賂 リオ五輪汚職で逮捕のブラジル人幹部、スイスに大量の金塊を所有?

昨年のリオデジャネイロ五輪の招致をめぐり、国際オリンピック委員会(IOC)委員の票の買収に関与したとして、ブラジルオリンピック委員会のカルロス・ヌズマン会長(75)が5日、同国の警察当局に逮捕された。同会長がスイスに総額70万ドル(約7900万円)の金塊を隠し持っていた疑惑が浮上しており、...

5千年前のミイラ「アイスマン」 旧石器人のアルプス越え

アイスマンはスイス人の親戚だったのだろうか。スイスで今週、5000年前にアルプスを越えて南北で重要な繋がりがあったことを示す考古学上の大発見があった。

テニス全米オープン フェデラーが準々決勝で惜敗、大記録逃す

テニスの全米オープンは6日、男子シングルス準々決勝が行われ、ロジャー・フェデラー(スイス)がフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)に5-7、6-3、6-7(8-10)、4-6で惜敗。宿敵ラファエル・ナダル(スペイン)との準決勝での対戦はならなかった。 ...

ウンシュプネン祭 12年に一度の祭 スイスの伝統種目に観客も挑戦

12年に一度開催されるスイスの伝統行事「ウンシュプンネン祭」が3日 、全日程を終えて幕を閉じた。同祭ではスイスの伝統種目を観客が体験できるコーナーも用意され、観光客も挑戦した。

ハイキング 地盤の緩い登山道 スイスの山での安全対策は

スイス南東部のグラウビュンデン州で8月下旬、大規模な土砂崩れが発生した。ふもとのボンド村が土砂に飲み込まれ、8人のハイキング客が未だ行方不明だ。温暖化の影響でこれらの自然災害は増加傾向にあるが、登山道での安全をどのように確保したらいいのだろうか。 ...

アクリ・堀本バレエアカデミー ローザンヌ国際バレエ2017入賞者、山元耕陽さん バレエ留学でスイスへ

今年のローザンヌ国際バレエコンクールで4位だった山元耕陽さんが、入賞して獲得した奨学金と1年間の留学の権利を使って、8月末からスイスのチューリヒ・ダンス・アカデミーへ留学する。留学に向けて体を鍛える山元さんと、過去15年間ローザンヌのコンクールに生徒を参加させ、...