暮らし

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

世界遺産 アレッチ氷河の森でリラックス 森林浴ヨガ

森の空気を浴びてリフレッシュする森林浴が、欧州で注目を浴びている。スイス南部ヴァレー州にある世界遺産アレッチ氷河地域ではこの夏、森林浴とヨガを楽しむイベントが開かれた。チューリヒ在住のヨガ講師で森林セラピーガイドの長津メラー明子さん(43歳)が案内し、...

外国人が住みたい国ランキング2017 スイスに住む外国人、安全面は評価するも地元民に不満

「世界最大の外国人ネットワーク」と称するインターネーションズが6日、外国人が住みたい国の人気ランキング「エクスパット・インサイダー」2017年版を発表した。外国人にとっての天国とは、安全レベルはスイス並み、レジャーの選択肢は南アフリカ並み、教師はフィンランド人、隣人はメキシコ人。...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

コーヒーから横断歩道の違いまで アメリカ人がスイスを訪れて驚きがちな12のこと

今年、スイスを訪れるアメリカ人観光客は90万人を超えると予想されている。そのアメリカ人たちがスイスに来て驚くことは何だろう?  筆者は最近、米ニューイングランド地方に旅したが、そこで実感したのはスイスとアメリカ(それにカナダ)の間には、まだまだ文化的に多くの違いがあるということだ。 ...

都会生活の雑踏から逃れて スイスでキャンプ人気復活 都市部からの利用者が増加か

今、スイスではキャンプ場がにぎわっている。連邦統計局が発表した最新の統計によれば...

核の危機 日本でスイス式の核シェルター

北朝鮮が29日早朝、日本に向けてミサイルを発射し、国民の間で核への不安が高まっている。そんな中、スイスの技術を取り入れた個人用核シェルターを販売する兵庫県の企業がスイスのメディアで紹介された。シェルターを販売しているのは神戸市垂水区の織部精機製作所で、今年に入って注文件数が急増しているという。...

配達用ライトバンより便利 ベルンを走るカーゴバイク「チーズの特急便」

ベルンの旧市街にあるチーズ専門店が、ライトバンの代わりに電動アシスト付き自転車を使ったチーズの配達サービスを始めた。従業員のクルト・シュタウデンマンさんがカーゴバイクで町を走ると、観光客らが珍しがって写真を撮って行くという。

ツーリズム 物価高の国、スイス 旅費を安く上げるには?

世界で最も物価の高い国の一つ、スイス。そんなスイスを低予算で旅行するには?

建築とロボット ロボットが家を建てる時代が来る?スイスで試み進む

人間の代わりにロボットが家を建てる時代がすぐそこまで来ている。連邦工科大学チューリヒ校の研究者らによるチームが、デジタル技術とロボットで家を建てる初のプロジェクトを進めている。

スイス観光 スイス国内の客船利用が記録的な伸び

スイス観光 スイスアルプスに世界最長の歩行者用吊り橋オープン!

全長494メートルの世界最長の歩行者用吊り橋が、7月29日(土)にスイスでオープンした。ドローンの空撮で、橋からスイスアルプスの絶景を見てみよう。 スチール製の吊り橋は、グレッヘン(Grächen)とツェルマットを結ぶトレイルコース「オイローパヴェーク(Europaweg)」にあり、 ...

配達用ライトバンより楽々 ベルンを走るチーズの特急便

ベルンの旧市街にあるチーズ専門店が、ライトバンの代わりに電動アシスト付き自転車を使ったチーズの配達サービスを始めた。従業員のクルト・シュタウデンマンさんがカーゴバイクで町を走ると、観光客らが珍しがって写真を撮って行くという。(Video: Peter Siegenthaler)

消費支出 「高物価の島スイス」 消費者行動の予測が困難に

スイスの物価高は最近のニュースでよく取り上げられている。物価高には不満の声が上がっているが、その原因にはこれまでの消費性向を変えることへの抵抗感があるのかもしれない。

シリーズ「私たちは在外スイス人」 「柔軟性に欠ける」 日本で働くスイス人女性が労働環境を語る

短期研修をきっかけにスイスから日本へ飛び立って以来、日本で働き続けるジャクリーン・チュミさん(32歳)。5年の月日が流れた今、彼女が一目ぼれした日本での日常生活で感じること、労働環境について話を聞いた。 スイスインフォ: 日本に行こうと決めたきっかけは何ですか? ジャクリーン・チュミ: ...