関心事

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

フランスのロック歌手 「スイス住民」だったジョニー・アリディさん

5日にがんで亡くなったフランス人ロック歌手・ジョニー・アリディさんはスイスのフランス語圏でも絶大な人気があった。節税目的でスイスに住んだ時期もあった。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

限界に挑戦 スイスチーム、手漕ぎボートで大西洋横断へ

4人の若いスイス人男性が今月12日、カナリア諸島のラ・ゴメラ島(スペイン)から出航する。乗り込むのは手漕ぎボート。5千キロメートル離れたカリブ海のアンティグア島(グアテマラ)を目指す。ストロークは総計1万回にものぼる見込みだ。

過疎化 人口減に悩む山村 移住者に280万円支給、住民も支持

ここ数年、スイスだけでなく欧州全域の山村が人口減に直面している。学校は生徒数不足で閉校し、民家は空き家に変わる。過疎化に歯止めをかけるため、スイス南部ヴァレー(ヴァリス)州のアルビネン村がある奇策に出た。

スイスの政治 新議長の就任祝い、ゾウからもバラの贈り物

上院に当たる全州議会議長に就任したカリン・ケラー・ズッター氏が29日、選挙区のザンクトガレン州に凱旋(がいせん)。ヨハン・シュナイダー・アマン経済相や地元の動物園のゾウがバラを贈り、同氏の就任を祝った。

生物多様性 スイスの環境パフォーマンス、順調は誤解

経済協力開発機構(OECD)は27日、スイスの環境対策に関する調査報告書を発表し、アルプスの国スイスが野生動物や生息地を保護する取り組みで成果を上げているとする認識は誤まっている、と指摘した。

世界5大陸から魚や爬虫類が集結 ヨーロッパ最大級の淡水魚水族館「アクアティス」、スイスにオープン

アマゾンに生息する珍しい淡水魚も鑑賞できる、ヨーロッパ最大級の淡水魚水族館「アクアティス(Aquatis)」が先月21日、ローザンヌにオープンした。水族館側がこの事業を科学的で持続可能なプロジェクトだと捉える一方、動物保護団体は批判の声を上げている。

教師のためのガイドライン モンスターペアレントとの付き合い方を学ぶ

教師の頭痛の種は生徒だけではない。最近では要求のうるさい親も増えてきたからだ。そんな中、スイス教職員連盟が増加するモンスターペアレントとどう付き合えばいいか、教師へのアドバイスをまとめた指針を出した。

ジェンダーギャップ 男女格差指数、スイスは21位と下落

世界経済フォーラム(WEF、本部ジュネーブ)が2日付で、各国の男女格差を測る2017年のジェンダーギャップ指数を公表した。スイスは144カ国中21位と前回より10位もランクダウンし、北欧諸国に遅れをとった。職場環境と教育の選択肢が低く評価されたことが下落の原因だった。

絶滅のおそれ ジュネーブで若いヨーロッパヌマガメが見つかる

スイスのジュネーブ州で、3匹の若いヨーロッパヌマガメが見つかった。野生の環境で孵化したカメが見つかったのは最近では極めてまれなケース。2010年に放野されたカメの子供とみられる。

物乞い全面禁止の法律をめぐる裁判の行方 物乞いをすることは人権か?

現在、スイス・ヴォー州で物乞いを禁止する動きが裁判所を巻き込んで広がっている。これを受けて物乞いの全面禁止は基本的人権を侵害するのではないかという疑問が提起されている。

リューシュリコン チューリヒやジュネーブより住みやすい無名の村とは

スイスで最も住みやすい場所に選ばれたのは、金融の中心地でも国際都市でもなく、チューリヒ近郊の小さな湖畔の村だった。

フリブール・チャレンジ スイスのチーム、ガス気球競技の飛行距離で世界記録

スイスのガス気球チーム「フリブール・チャレンジ」のローラン・シボッツさんとニコラ・ティエッシュさんが、米国で7日に開幕したガス気球の競技会で3666キロメートルを飛び、ガス気球競技の飛行距離の世界記録を更新した。 ...

バーゼル動物園 赤ちゃんチーター2頭が一般公開

バーゼル動物園で生まれた生後3カ月のチーターの赤ちゃん2頭が一般公開された。メスのオニシャ(Onysha)とオスのオプウォ(Opuwo)が、母親のノヴィと一緒にかわいらしい姿を来場者にお披露目した。 2頭は7月18日生まれ。これまでは屋内の飼育部屋で暮らしていた。 ...

駅再開発で再び脚光 ベルンに野生のサイがいた?

再開発中のベルン駅で、工事現場を日々見守っている人たちがいる。ベルン自然史博物館の古生物学者だ。現在工事中の地層で約150年前、古代のサイの化石が発掘された経験から、研究者たちは「2匹目のドジョウ」ならぬ「2頭目のサイ」を狙っている。

スイスのしつけ 5人に1人が両親からの体罰を経験

スイスの子どもの5人に1人が両親から体罰を受けていることが明らかになった。とりわけ貧困層や移民の間で深刻な問題となっている。

ノーベル化学賞 デュボシェ氏がノーベル化学賞を受賞、スイス人で8人目

スウェーデン王立科学アカデミーは4日、2017年のノーベル化学賞を、「クライオ電子顕微鏡」を開発したスイス・ローザンヌ大のジャック・デュボシェ名誉教授(75)ら3人に贈ると発表した。スイス人で化学賞を受賞するのは8人目。受賞したのはデュボシェ氏と、米コロンビア大のヨアヒム・フランク教授、英MR...

ノーベル賞 ローザンヌ大の名誉教授がノーベル化学賞を受賞

スウェーデン王立科学アカデミーは4日、2017年のノーベル化学賞を、スイス・ローザンヌ大のジャック・デュボシェ名誉教授(75)ら3氏に贈ると発表した。

10月4日は国際徒歩通学の日 スイスでは75%の児童が徒歩通学、地域で違いも

10月4日は「International Walk to School ...