健康

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

健康保険 スイスの健康保険制度、貧困の一因か?

スイスの健康保険制度は、世界で最も優れたものの一つとして知られている。だが、 医療問題が多くの国で議論される現代において、スイスの同制度は低所得層にも高所得者にも適したものなのだろうか?

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

リスクを冒す売春婦 スイスの売春婦、多くが避妊具を使用せず 最新調査で明らかに

避妊具の使用が身の安全につながることを知りながらも、避妊具なしで性交渉をするスイスの売春婦は多いことが、ローザンヌ大学による最新の調査で明らかになった。  風俗産業従事者を対象に行われた調査によると、回答者579人(92%が女性)のうち9割が、

農薬世界最大手 中国化工によるシンジェンタ買収、中国農業の「現代化を促進」

中国の国有化学大手、中国化工集団によるシンジェンタ(農薬世界最大手、スイス)の買収交渉が今月4日に終了した。中国企業による外国企業買収として 過去最高額での買収となる。シンジェンタは、中国の農業部門の現代化に寄与するが、同時に確固たる「欧州企業」としてのアイデンティティーを維持すると同社会長は話す。

噛みつく小さな悪魔 スイスに旅行する際には、マダニに要注意!

スイスでは今春、マダニが例年以上に発生している。外出のとき注意すべき場所や、スイスで旅行中、マダニから身を守るための対策をまとめた。 例年よりマダニが多いのは何故? 「冬の寒さが厳しかったせいで、今年の春は例年以上にマダニが発生している」

シリーズ「スイスの給与事情」 闇に包まれた医師の収入

スイスでは開業医の給与は2009年以降、公表されていない。しかし、医療費を抑制するためにも、その透明化の必要性が求められている。  現時点で最新とされる2009年のデータによると、開業医の平均年収は児童青年精神科医10万7千フラン(約1214万円)、

麻薬政策 麻薬撲滅は幻想、東南アジアでも麻薬政策の転換進む

「タイとミャンマーは、麻薬使用者の健康問題を重視する新たな麻薬政策に門戸を開き始めた。これまで麻薬に対して厳罰主義を貫いてきた両国にとっては、注目すべき進展だ」。国際NGO薬物政策国際委員会の議長を務めるルート・ドライフス元スイス大統領は、東南アジア訪問を終えて、そう語る。  ドライフス氏は、

医師数の実態調査 スイスで女性医師増加

スイス医療団体が今月29日に発表した2016年の統計によると、スイスで働く医師は3万6175人、そのうち約59%が男性だった。女性の数は2010年から38%増加した。  スイス医療団体の統計では、医師の約半数(51%)が開業医で、パートタイム勤務が増加していることが明らかとなった。

スイスの食生活調査 スイス人の食肉消費量、推奨量を大幅に上回る 男女差も

スイスの食生活に関する最新の調査結果で、スイス人男性は政府が推奨する量の4倍、女性は2倍以上の食肉を摂取していることがわかった。  スイス人女性よりスイス人男性の方が野菜や果物を食べる量が少なく、また、自宅で食事や料理に費やす時間が大幅に少ない。16日に発表された、

ビジュアルデータ

感染症データ はしか、スイスで流行続く

スイスでは今年、はしか(麻疹)の発症数がここ数年で最も多く、予防接種を受ける人の数が増えている。政府は先日、はしかの撲滅計画が失敗したことを認めた。  連邦内務省保健局は1987年、はしか対策として予防接種計画を発表。2000年までに、はしかを排除できるとしていた。その予定の年から17年過ぎた今、

依存症に関するデータ スイスでは4人に1人が喫煙者 では他の国は?

依存症の対策・支援に取り組むスイスの公益財団「アディクション・スイス」が発表した最新の年間報告によると、スイスでは4人に1人が喫煙し、5人に1人が健康を害するほど過剰にアルコールを摂取しているという。同団体はまた、スイス政府が特定利益団体の保護を優先しており、

長い待機リスト スイスの臓器提供問題の核心に迫る

臓器提供をする意志を明確に表示している場合のみ臓器摘出が行われる「オプトイン」方式が採用されているスイスでは、医師が患者の合意を得るのが難しい。一方、他のヨーロッパ諸国では、本人がはっきり拒否していた場合を除き、原則的にすべての人を潜在的ドナーとみなす方針が主流だ。しかし、

ビジュアルデータ

医療政策 お金と健康、その関係はいかに?

スイスの医療制度にかかる費用は世界トップクラス。そして、スイスの平均寿命も世界トップクラスだ。この二つを照らし合わせると、医療制度への投資額と国民の健康状態の間には、何か関係がありそうだ。下記に続く種々のグラフィックには、そんな関連性が浮かび上がっている。しかしその一方で、スイスのような先進国では、

ビオスイス 「有機農業で世界を養えるのか?」

農業の生産条件に恵まれないスイスで、有機農業への取り組みが広がっている。背景には、化学肥料や農薬に依存する既存の農業が、生態系の破壊や残留農薬をもたらしているとの懸念がある。 スイス南西部ヴォー州のローザンヌ。  そこから数キロ離れた小さな町メックスにある約32ヘクタールの土地には、

ファクトチェック 27日の国民投票、スイスの原発は「古くなりすぎて危険」なのか?

緑の党など、国民投票にかけられるイニシアチブ「脱原発」の支持者は、スイスの原発の多くが世界で最も古い施設に属し、その老朽化が大事故のリスクを格段に高める、と主張する。そうした事故は、スイスのように人口密度の高い国では破滅的な被害をもたらすという。  スイスの有権者たちは、

WEF男女格差指数2016 男女格差ランキング スイスは11位

世界経済フォーラム(WEF)が26日に発表した世界各国の「男女格差指数2016」によると、教育や健康の分野では男女の格差が縮小したのに対し、「経済活動への参加と機会」においては2008年以降男女平等の進展に低迷が見られる。「政治への参加」は、依然として格差があるものの、世界全体では改善が見られる。

ベビーブーム 1時間に10人 スイスで出生率上昇

スイスに新たなベビーブームが到来している。出生率は過去最高を記録した。  スイスで2015年に生まれた子どもの数は8万6559人で、1993年以降最大。合計特殊出生率は2000年初頭の1.38と比べ1.54と、記録的な高さをマークした。 ...

チベットとスイス ハイテク機器で製造される伝統薬

チューリヒ近郊にある「パドマ(Padma)」はインド国外にある唯一のチベット薬の製薬会社だ。そこで製造される医薬品は、スイスの厳しい規則を満たすため、約300もの検査にかけられる。

伝統医学 伝統医薬の輸入に厳しい規則
緩和を求める声も

スイスの医薬品における品質管理基準によって、患者たちは安全な医薬品を手にすることができている。しかし、それゆえにアジア伝統医薬の製薬会社や輸入業者たちが置かれる状況は厳しくなっている。  チューリヒ中心部から電車で20分の場所にある、人口2万5千人の町ヴェッツィコン。駅と教会、

スイスの補完代替医療 スイスでホメオパシーに保険適用 科学より国民の意思が尊重された結果か?

スイスでは今年3月、ホメオパシーなど一部の補完代替医療に対して、健康保険の分野で従来医療と同等の扱いを認めることが決定された。これは、2009年の国民投票で補完代替医療の保険適用案が支持されたのを受けてのことだ。世界の潮流に逆行するかのようなこの決定は、