主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

海外に住む 住みやすい都市ランキング、スイスの3都市がトップ10入り

人事コンサル会社マーサーの2018年の「住みやすい都市ランキング」で、スイスの3都市がトップ10入りした。チューリヒは昨年と同様、世界2位だった。

このコンテンツは2019/03/14 12:00に配信されました

シリーズ「スイスの七不思議」⑦ 皇帝の歴史が始まった場所 スイス北部ハプスブルク

「太陽の沈まぬ国」と呼ばれた大帝国を支配したハプスブルク家。その帝国の面影を残す建物は、スイスに数多く残っている。シリーズ7回目で最終回となる今回は、約1000年前に建てられ、ハプスブルク家の発祥の地となったハプスブルク城と、素晴らしい庭園を持つヴィルデック城を訪れる。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

新紙幣 1000フランの貯め方

スイス国立銀行(中央銀行)は5日、世界で最も価値の高い紙幣、スイスの1000フラン札の新デザインを発表した。同紙幣を1枚入手するのにどれだけ稼ぎ蓄えなければならないのか?

長寿国の実態 スイス人の死に方を大調査

自分の家で眠るように息を引き取るのは、多くの人にとって理想の死に方かもしれない。だが現実には多くの人が自宅以外で最期を迎える。スイスでは8割が介護施設か病院で人生を終える。

シリーズ「スイスの七不思議」⑥ ルツェルン湖畔に漂うスイスの伝説

スイス発祥の地であるリュトリの丘から、ウィリアム・テルが射抜いたリンゴまで ― こうしたスイス連邦を象徴する伝説に共通する場所がある。息をのむほど素晴らしい景色をたたえる、ルツェルン湖(フィアヴァルトシュテッテ湖)だ。

アルプスの住まい 現実世界のスイスシャレー

チョコレートの国、チーズの国、銀行の国、ハイジの国…スイスに関しては無数のイメージがある。「シャレー(山小屋)の国」もその一つだろう。ドイツ出身の写真家パトリック・ラムベルツ氏は写真集「スイスシャレー」にこの建物を収めた。

交通規則 スイス、AT免許でMT車も運転可能に 

スイスでは今月から、AT車の運転免許を持つ人はMT車も運転できることになった。このような限定解除は危険だと反対の声が挙がっている。

ようこそスイスへ スイスアルプスで観光客が増加 トップはルツェルン

2016~17年の冬のシーズン以降、スイスアルプス地方の観光地における宿泊者数は4シーズン連続で増加した。特に夏の観光地に人気が集中。145カ所の観光地を対象にした国際ランキングではルツェルンがトップに輝いた。

スイスで生きる スイスの母乳育児の今 

スイスでは、新生児に母乳を与える母親の割合は95%だ。ところが母乳育児に対する偏った見方はまだ多く、「あなたの母乳は足りてない」「おっぱいをあげるとバストが崩れる」「母乳をあげるのがよい母親だ」など一方的な意見が飛び交う。スイスの授乳事情について2人の専門家に話を聞いた。

ヘルべチア人 30年スイスの生活を切り取り続けた写真家

スイスの写真家・ディディエ・ルエフ氏は、スイスの生活様式を30年以上にわたり記録している。スイスと「ヘルべチア人」―ラテン語で「スイス人」―の姿を厳選した写真集を出版した。

時代を超えた復刊 よみがえった400年前のレシピ集

スイスで最も古いドイツ語のレシピ集が400年の時を超えてよみがえった。その昔教会で聖職者が食べていた料理が今、一般市民の台所で再現できるようになった。

緑の妖精 禁断の酒「アブサン」発祥のスイス 隠された蒸留器

アブサンはスイスのフランス語圏、ヌーシャテル州ヴァル・ド・トラヴェールで生まれた。「緑の妖精」と呼ばれ芸術家にも愛されたが、中毒性の強さから、1908~2005年の間アブサンの製造・販売は禁止されていた。50年にわたり企業秘密とされてきた蒸留器の歴史を映像でひもとく。

欧州のゴミ調査 リサイクルでトップクラスのスイス、でもゴミの排出量も

スイスの消費者が出すゴミの量は増加傾向にあるが、リサイクルの成績も欧州では依然としてトップだ。欧州連合統計局(ユーロスタット)が明らかにした。

このコンテンツは2019/01/24 10:00に配信されました

真冬の楽しみ 世界遺産で氷上釣り スイス・エッシネン湖

スイス・ベルナーオーバーラント地方の世界遺産、エッシネン湖はこの冬、氷上釣りを楽しむ人で賑わっている。(SRF/swissinfo.ch)

トップ・オブ・ヨーロッパ ユングフラウヨッホ鉄道 記録的な訪問者数

ヨーロッパの最高地点にあるスイスのユングフラウヨッホ駅にアジアから多数の観光客が訪れ、記録的に来訪客数を伸ばした。昨年ユングフラウ登山鉄道を利用した観光客は106万7千人で、過去4年間で100万人を越えたのは3回目となった。

このコンテンツは2019/01/08 8:30に配信されました

動物愛護 ヨーロピアン・パーチが「今年の魚」に

ヨーロピアン・パーチがスイスの2019年の「今年の魚」に選ばれた。ドイツ語圏でエグリ(Egli)、フランス語でペルシュ(Persche)と呼ばれている。

このコンテンツは2019/01/07 8:56に配信されました

光の祭典 冬の観光客を魅了するスイスのライトアップイベント

スイスでも冬のイルミネーションやライトアップイベントの人気が年々高まっている。(RTS/swissinfo.ch)

ウィンタースポーツ好調 年末年始スキー客でにぎわう山岳リゾート

好天気と良い雪の状態に恵まれ、クリスマスと新年にかけ多数のスキー客が山岳リゾート地を訪れた。

このコンテンツは2019/01/04 10:41に配信されました

シリーズ「スイスの建築」予告編 スイスの建築とプロフェッショナルたち 2018年12月30日から毎週日曜配信

スイス国内にある優れた13の建築物を紹介したシリーズ番組「Die Schweiz bauen(スイスの建築)」。建築家や関係者らのインタビューを交えながら、プロジェクト発足の経緯や建築物が完成するまでの過程、その後の利用者の反応などを解説した全13話を、スイスインフォが日本語字幕つきで配信する。

スイスの伝統菓子 クリスマスクッキー 色と香りに魅せられて

11月から年末にかけて、スイスではバターの在庫が最も品薄になる。それもそのはず。この季節はクリスマスのお菓子作りでバターの需要が最も高い。 スイスには、クリスマスイブを迎えるまでのアドベントと呼ばれる4週間、色とりどりのクッキーを家族で一緒に焼いて楽しむ習慣がある。