主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

covid-19 フランスやドイツからのマスク輸出制限が解禁 スイスへ

ドイツに続き、フランスはスイスへのマスク輸出制限を解除した。スイス連邦内務省保健庁によると、新型コロナウイルスの影響で国内では毎日約200万枚のマスクを必要としている。

このコンテンツは2020/03/30 16:19に配信されました

国際開発金融機関 開発援助の恩恵に与るスイス

国際開発金融機関の是非については意見が分かれるが、貧困国の経済発展を促進すべきこの超国家的組織の中で、絶大な影響力を持つのがスイスだ。そしてスイスは同時に、その恩恵にも与っている。世界銀行の資金が汚職を通じてスイスの口座に流れていることが、最近の調査で明らかになった。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

人道支援 UNRWA事務局長に再びスイス人

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の事務局長に、スイス人の人道支援専門家フィリップ・ラザリーニ氏の就任が決まった。

このコンテンツは2020/03/20 6:00に配信されました

スイスのコソボ人社会 映画を通じて明るい未来を目指すコソボの映画監督たち

バルカン諸国のコソボで、人々に元気と力を与える手助けをしている映画監督たちに、スイスは支援の手を差し伸べている。

人道支援 スイス開発協力局の平壌事務所が閉鎖 新型コロナで

スイス開発協力局(SDC)の平壌事務所は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で一時閉鎖された。再開の時期は未定という。

このコンテンツは2020/03/10 9:58に配信されました

#クリプトリークス スイス製暗号機で通信傍受されていた国々

危機が起こるたび、そのスイス製の暗号機は「信頼できる」と誤認され多くの国が購入した――スイス・ドイツ語圏の日刊紙NZZは、1997~2019年にスイス経済省が発行した輸出許可証を詳細に調べ、こんな結論を導き出した。

途上国支援 スイス、開発銀行への340億円増資に意欲

スイス政府は2月、国際開発金融機関に2億9700万フラン(約340億円)を出資する方針を決めた。開発援助で発言権を強める狙いがあるが、拒否権を持つ米国の動きや開発融資そのものに対する強い批判など、道のりは険しい

クリプトリークス スイス政府がクリプト社を告訴 米独スパイ問題で

米独の情報機関がスイスの暗号機器メーカー、クリプト社を秘密裏に長年所有し、同社のデバイスを使って世界各国の機密情報を収集していたとされる問題で、スイス連邦経済省経済管轄局(SECO)はクリプト社を刑事告訴した。ドイツ語圏の日曜紙ゾンタークス・ツァイトゥングが報じた。

このコンテンツは2020/03/04 6:00に配信されました

新型コロナウイルス 在中国スイス人、スイス政府の新型肺炎対応に抗議

中国に住むスイス人約50人が連名でスイス政府に書簡を送り、新型コロナウイルスの対応で置き去りにされていると訴えた。

このコンテンツは2020/02/19 15:40に配信されました

気候変動と難民 世界の気候難民に救いの手を ジュネーブの支援プラットフォーム

災害と気候変動の影響で移住や避難を余儀なくされた人々が大きく報じられ、国際的な関心を呼んでいる。ジュネーブに本部を置く組織「災害避難民プラットフォーム(Platform on Disaster Displacement)」は、今世紀最大の人道的課題とも言われる気候難民問題に取り組む団体の一つだ。

クリプトリークス クリプトとCIAの関係 スイス政界に余波

米独の情報機関が1970年にスイスの暗号機器メーカーを秘密裏に買収し、数十年間にわたって同社デバイスを使い世界各国の機密情報を収集していた問題で、スイスメディアでは、両者の関係を認識していたという元閣僚や連邦議会議員の名前が複数挙がっている。

このコンテンツは2020/02/17 10:14に配信されました

クリプトリークスだけじゃない スイスを震撼させた8つの「スパイ事件」

米独の情報機関がスイス製暗号機器を使って世界各国の機密情報を秘密裏に収集していたというスキャンダルが浮上した。スイスが絡むスパイ事件は、これが初めてではない。 ロシア人エージェント ...

#クリプトリークス スパイ疑惑はスイスの中立性を汚すのか

スイスの暗号化企業クリプト社をめぐるスパイ疑惑は、永世中立国家スイスのアイデンティティを揺るがしている。スイスの政治家、歴史家、メディアの間ではスイス製の不正デバイスが国の信用に与える悪影響について議論がかまびすしい。

インテリジェンス スイスの暗号化企業、CIAのスパイ活動に関与

スイスの通信暗号化企業クリプト(本社・ツーク)が半世紀近くスパイ活動を行っていたとの疑惑で、スイス政府が調査に着手したことが明らかになった。

このコンテンツは2020/02/14 11:22に配信されました

#クリプトリークス スイス製暗号機と米CIAの関係 元国防相は「知らなかった」

米独の情報機関がスイスの暗号機器メーカー、クリプト社を秘密裏に長年所有し、同社のデバイスを使って世界各国の機密情報を収集していたとされる問題で、スイスのカスパー・フィリガー元国防相はクリプト社と米中央情報局(CIA)の関係は「知らなかった」と否定した。

このコンテンツは2020/02/14 11:22に配信されました

「必要とされていると感じる」 ルーツに立ち戻るスイス系コソボ人映画監督

#クリプトリークス スパイ疑惑、永世中立国スイスに激震

スイスの企業によるスパイ疑惑がスイス全土を震撼させている。スイス公共放送(SRF)などの国際合同報道で、ツーク州の株式会社クリプトが2018年まで米中央情報局(CIA)のスパイ活動に加担していたことが明らかになった。

武器輸出 スイスの武器 紛争当事国で使われているのはなぜ?

最近の複数の報道で、スイス製の武器が紛争当事国のイエメンやサウジアラビアで使われていたケースが判明した。人道主義の伝統と人権の尊重を重んじる中立国スイスの武器が、なぜそれらの国に渡っているのか。

米イラン関係 スイス推進の人道物資貿易、「米国の善意ではない」イラン外相

スイスと米国が合意し、先月始まったイランへの人道支援物資の貿易について、イランのザリフ外相は3日、「米国の善意を示すものではない」と語った。現地メディアが報じた。

このコンテンツは2020/02/04 10:53に配信されました

新型コロナウイルス 武漢に帰ったスイス・中国人一家

中国で新型コロナウイルスによる肺炎が広がり、震源地の武漢市は世界から隔離されつつある。春節(旧正月)に香港に旅行していたスイス・中国人家族が、武漢に帰宅するまでの道のりは困難を極めた。