労働

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

ミリオネアも スイスの開業医の年収は約3千万円 より正確な実態が明らかに

スイスの開業医の年収の中央値は25万7千フラン(約2900万円)と、これまでの推定より3割近く多いことが、スイス連邦内務省保健局が29日発表した調査で分かった。

移民規制をめぐる議論 「外国人労働者は現地の低賃金雇用奪う」はウソ スイス調査

スイスの外国人労働者は、移住してから5年後にはスイス人の収入を上回ることが最新の調査で分かった。「外国人労働者の賃金は低い水準に張り付き、潜在的にスイス人から低賃金雇用を奪っている」という社会通念を覆す結果だ。移民の入国を制限しようとする議論に影響を与えそうだ。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

1918年のゼネスト スイスが内戦状態に陥ったゼネストから今年で100年

スイスでは今年11月、全土が内戦のような状態となったゼネストから100年目を迎える。なぜ1918年のゼネストは行われたのだろうか?スイス人が同胞を撃つ事態に発展したのは様々な要因が積み重なった結果だった。当時を振り返る。

スイスで働く スイス、労働者の27%が「職場で深刻なストレス」

スイスで「職場でストレスを感じる」という人が増えている。特に若者の間でその傾向が目立つ。

インターネット技術の支援プロジェクト スイス山岳地にもデジタル化の波 過疎化対策にも

スイスの山岳地域に拠点を置く中小企業のデジタル化を促進するキャンペーンが実施された。​​​​​​​ 24日、スイス継続教育協会(SVEB)とスイス山村支援基金は従業員数50人未満の企業を対象にインターネット技術の訓練を行うプロジェクトを発表した。 ...

季節労働 季節失業者をなくせ スイスの観光業界がワークシェア制度

「夏は湖、冬は雪山」。スイス東部グラウビュンデン州と南部ティチーノ州は3年前、このようななスローガンを掲げて共同で実験事業を始めた。その狙いは、観光関連で働く人を「シェア(共有)」し、ピーク時の人手不足や閑散期の失業を解消することにある。

教師の収入 データだけでは分からないスイス教師の給与

スイスで義務教育に当たる教師の収入はどれくらいだろうか?連邦制のスイスでは、各州が義務教育に関する権限を持つため、教師の給与は州によって大きく異なる。また、公式発表される金額と現場の実態との間にも開きがある。 ...

多国籍企業 トップ企業が教える、スイスで仕事を得るヒント

10カ国語でコンテンツを配信するスイスインフォには世界中から読者が集まる。読者が最も気になることの一つは、「スイスで就職先を見つける方法」だ。 ...

スイス連邦議会 透明性の向上で男女の賃金差別を解消できるのか

「同一労働同一賃金」。スイスでは1981年にこの原則が憲法に盛り込まれた。しかし、いまだ企業の取り組みは完全ではない。賃金の平等を軽視する企業に対し、処分ではなく管理を徹底しようという案が、先頃議会の承認を得た。

「#MeToo」運動から1年 セクハラ問題、スイス大手企業は依然としてタブー

性被害を告発する「#MeToo(「私も」の意)」運動が世界各地に広がった1年前、上層部が優れた指導力をみせた企業がいくつかあった。多国籍企業のイケア・スイスもその一つで、社内行動規範の周知徹底を図り、セクハラがあった場合はそれをオープンにし、独自の主体的プログラムで対応した。

デジタル化の裏側で スーパーのセルフレジ、店員の負担に

スーパーマーケットのセルフスキャン・会計システムを使って買い物客が自ら精算しても、従業員の仕事は減らない― スイスの専門機関の調査で、セルフレジの導入によって従業員のセキュリティ面の仕事や、攻撃的な客への対応が増えたことがわかった。

HRバロメーター スイスで働く外国人、過半数が「完全に職場に馴染んでいる」

スイス連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)などが実施した意識調査で、スイスで働く外国人の過半数が「職場にしっかり馴染んでいる」と感じていることが明らかになった。

戦争と革命 スイスの比例代表制 その歴史的側面

1918年、世界的に政情不安が広がる中でスイス国民は、議会選挙で多数代表制から比例代表制へ移行するという歴史的決定を下した。それはなぜ、どのようにして起こったのか。

定年退職

低税率、美しい自然、優れた医療機関ー。そんな退職後の暮らしを求めてスイスに来る人は多い。移住に必要な情報を紹介する。

世論調査 スイス・EU枠組み条約、有権者の3分の2が締結を希望

スイス連邦政府が欧州連合(EU)と交渉中の枠組み条約について、スイス有権者の3分の2が締結に向け交渉を継続するべきだと考えている。

大リストラ ノバルティス、スイスで2000人の雇用削減

製薬大手ノバルティスは25日、今後4年間でスイスで働く従業員2200人を削減すると発表した。1500人近くは製造部門、700人は総務部門だという。

難民として仕事を得る スイスで新しい人生を歩みたい 見習い職業訓練を通じた難民の社会統合

スイスに住む多くの難民同様、ソロモン・アクリルさんもまだ仕事を見つけられないでいる。しかし、2018年8月から、ベルン州のある会社で見習いをしながら職業学校に通えることになった。スイスは現在、難民の職能を高めようとしているところだ。4年間で4680万フラン(約54億円)を投資する。

スイスで働く スイスのCEO、報酬は今年も欧州トップ

欧州諸国の最高経営責任者(CEO)の報酬比較調査で、スイスが再びトップに立った。調査では、この一年で報酬額が全体的に上昇したこともわかった。

年金改革 年金受給者の暮らしを支えるスイスの「補足給付」とは?

スイス連邦議会が貧困高齢層への支援策の縮小をめぐり紛糾している。年金だけでは生活できない人に支給される「補足給付」は、給付額が2000年以降倍増。下院は給付額を抑制すべく制度改革に前のめりで、改革に消極的な上院との議論はかみ合わない。一体何が問題なのか?