健康

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

スイス気象台 スイス、世界初のリアルタイム花粉計測システムを導入へ

国立スイス気象台(メテオ・スイス)は2023年、世界で初めて全自動の花粉モニターシステムを導入する。花粉症に悩む人はより信頼性が高い花粉情報をリアルタイムで得ることができるようになる。

平均寿命が長いスイス スイス、今年はがんによる死亡が1万8千人の見込み

世界保健機関(WHO)が12日発表した調査で、スイスでは今年、新たにがんと診断される患者が5万6千人超に上る見込みであることがわかった。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

セックス スイスの若者、初体験は16歳 最新調査で

スイスの若者の多くが16歳でセックスを初体験していることが、最新の調査でわかった。ほとんどの若者がコンドームを使用していたが、10人に1人が性感染症(STD)に罹患していたことも判明した。

救急医療 スイスの救急外来利用、州で大きな差

スイスのフランス語圏とイタリア語圏は、ドイツ語圏よりも救急外来を受診する人が多いことが、スイス健康調査機関(OBSAN)のまとめでわかった。

2018年9月23日の国民投票 「公正な食品を求めるイニシアチブ」 食料安全保障の強化か、理想論か

あなたは口にする食べ物がどのように生産されたものか把握しているだろうか?9月23日の国民投票にかけられる「公正な食品を求めるイニシアチブ(国民発議)」は、スイスの食事をより倫理的なものにすることを目指す。イニシアチブの発起人らは、食品の持続可能な生産を推進する取り組みだと主張するが、反対派は、...

認知症の治療費は低め 心臓血管病やがんなどの非感染性疾患 治療費は8割、スイス

スイスで、心臓血管病やがんなどの非感染性疾患(NCDs)にかかる治療費は全体の80%を占めることが、初の調査でわかった。もっとも高額だったのは心臓血管病だった。

性風俗 スイスのセックスワーカー、5人に1人が性病感染 無自覚のまま

スイスの性風俗産業従事者の5人に1人が性感染症(STD)に感染し、そのほとんどが無自覚であることがわかった。

スイスの出産 より自然なお産か、あえての帝王切開か どちらにも潜むリスク

スイスでは出産方法を巡って女性たちの間で意見が大きく分かれている。一方は、何が何でも自力で産みたい「自然分娩派」。他方は、医療的な必要性がなくとも初めから帝王切開を希望する「帝王切開派」だ。どちらも極端な考えであり、リスクをはらんでいる。

安全なセックス コンドームを使って景品を当てよう スイス政府がキャンペーン

スイス連邦政府は25日、安全なセックスを普及するために約40万個のコンドームをスイス国民に配布すると発表した。HIV予防の啓発キャンペーンの一環で、景品が当たるくじも兼ねている。

子供を守れ! スイス、児童虐待防止ガイドラインを改正 当局への通報促す

スイス連邦議会は昨年12月、児童を虐待から守るための新しいガイドライン(指針)を承認した。特に家庭内にこもりがちな小さな子供を守るため、日常的に子供と関わるあらゆる職業に当局への通報を促す内容だ。

ゲームのやりすぎに注意 「ゲーム障害」が初の疾病認定 スイスのゲーム障害はどのくらい深刻なのか

世界保健機関(WHO、本部ジュネーブ)が、ビデオゲームなどのやり過ぎで日常生活に支障をきたす「ゲーム障害(Gaming disorder)」を初めて疾病に認定した。スイスではインターネットの利用方法に「問題がある」人が約7万人いるとされるが、数値は過去5年で横ばい状態だ。

性感染症 国が初認可のHIV自宅検査キット、スイスで発売

スイス連邦政府が初めて認可した自宅用HIV検査キットが19日、スイス国内で発売された。

石綿 アスベストがなぜがんを引き起こすのか スイスの病院などがメカニズム解明

アスベスト(石綿)による中皮腫患者への補償問題が最近、スイス連邦議会で大きく前進した。アスベストの繊維がどのようにして中皮腫などのがんを引き起こすのかー。チューリヒ大学病院の医師らが、そのメカニズム解明の手がかりをつかんだ。

マリファナ 学術研究目的の大麻使用認めず スイス連邦議会が動議却下

スイス連邦議会は11日、学術研究目的の大麻利用を認めるよう求めた動議を却下した。大麻の自由化につながりかねないとの懸念から、主要政党の大半が反対に回った。

本音でトーク⑦ 「がんになるってこんな感じ」 がん経験者の場合

がんを2度患ったことのあるガブリエルさん(24)は、他のがん患者とあからさまに死について話したことはない。誰がどんな治療を受けているかなどが患者同士の会話の中心で、時にはお互いにそれを競い合うように話したという。

農薬のない世界 スイス全域で農薬使用を禁ずるイニシアチブが国民投票へ 発起人に聞く

スイス国内全域で農薬の使用を禁止するよう求めるイニシアチブ(国民発議)を立ち上げた市民グループが今月、国民投票実施の条件を満たす署名14万筆を集め、連邦内閣事務局に提出した。今後数年以内に国民投票が行われる見通し。革新的な内容だが、発起人たちは過半数を取れると自信を込める。