ジャーナリストの主な記事

以下のコンテンツは、ジャーナリストの主な記事を掲載しています

トピックスのコンテンツ

被爆73年 原爆投下後の広島を救ったスイス人医師 マルセル・ジュノー博士

1945年8月6日、広島市は原爆によって、一瞬で焼け野原と化した。その荒れ果てた地に初の外国人医師として医薬品を届け、被爆者の治療に当たったのがスイス人のマルセル・ジュノー博士(1904~61年)だった。

スイスの働く親たち④ スイスの父親、育児休業たった「1日」 それでも日本より恵まれている理由

スイスでは、父親の育児休業を保障する法律がない。慣例的に取れることは取れるが、それでもたった1日だ。各企業が子育て後進国の汚名を返上しようと独自の育休制度拡充に力を入れるが、肝心の政府は及び腰だ。だが、スイスに住む日本人の父親たちは「それでも日本よりはまし」と言う。

海外を目指す子供たちへ 飯野多希留さんのメッセージ

今年、スイス・チューリヒにある5部リーグのサッカークラブ・バッサースドルフに加入した飯野多希留さん(24)。遠く離れた異国の地で、プロサッカー選手というゴールを目指すために必要なこととはー。

チューリヒのクラブと契約 「スイスでプロサッカー選手に」海外で夢に挑む日本人

日本から遠く離れたスイスでプロサッカー選手を目指す若者がいる。東京都出身の飯野多希留(いいの・たける)さん(24)だ。このほどスイス5部リーグのクラブ、バッサースドルフ(チューリヒ)に加入。言葉のハンデをものともせず、ただ一人の日本人選手として日々技術を磨いている。

ダイレクト・デモクラシー 日本の民主主義や憲法改正 どうすれば良い?スイスの直接民主制の専門家が語る

直接民主制の専門家でジャーナリストのブルーノ・カウフマン氏が、日本のインターネットメディアのインタビューで、世界の民主主義の現状や日本の憲法改正を巡る展望について語った。インタビューは22日午後8時(日本時間)、ネット上で放送される。

サッカーW杯の前哨戦 今夜サッカー日本VSスイス スイス各紙が日本の熱気伝える

サッカーのワールドカップ(W杯)に向け、8日午後7時(日本時間午前2時)にスイス・ルガーノで日本代表とスイス代表の強化試合が行われる。現地には続々とファンが集結して熱気が高まる中、スイス各紙も対日本戦に大きく注目している。

さらに表示

ジャーナリストの関連記事

以下のコンテンツは、ジャーナリストの関連記事を掲載しています

特集

家族を育む

​​​​​​​家計を圧迫する高額な保育料、給食のない小学校、子育て環境の地域格差、法律で保護されていない男性の育児休業ー。スイスで働きながら子育てに奮闘する人たちの現状を追った。

 

 

特集

スイスと日本をつなぐ

スイスと日本は、1864年の修好通商条約をきっかけに、政治や貿易や教育など様々な分野において友好な協力関係を築き、文化交流も深めてきました。

現在では、スイス在留邦人数は、10166人(2014年10月時点。日本外務省)、在日スイス人は1076人(2016年12月時点。日本法務省在留外国人統計)となっています。

こちらの特集では、両国の絆に触れる最新の記事をご紹介します。