主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

私の視点 25周年を迎えるWTOの功績と課題

世界貿易機関(WTO)は今年25周年を迎える。これを機に、ロベルト・アゼベド事務局長がこれまでの成功や失敗を振り返り、今後の課題について語る。

スイスの時計産業 スイス製時計が世界で生き残るには?

苦境に立たされている時計見本市「バーゼルワールド」。現状を打破するため、スイスの時計製造業界は自己のノウハウを紹介する新しいプラットフォームを必要としている。ただ各企業の足並みはそろわず、専門家は企業間の協調的な取り組みが必要だと指摘する。

関連コンテンツ

以下のコンテンツは、役に立ちそうな情報のトピックや記事を掲載しています

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

シリーズ「スイスで暮らす」① スイスの住宅事情 集合住宅から移動式まで

一戸建てからモダンな集合住宅、風変りな移動式まで―。スイス人が暮らしを営むさまざまな住宅をシリーズで紹介する。

武器輸出 スイスの武器 紛争当事国で使われているのはなぜ?

最近の複数の報道で、スイス製の武器が紛争当事国のイエメンやサウジアラビアで使われていたケースが判明した。人道主義の伝統と人権の尊重を重んじる中立国スイスの武器が、なぜそれらの国に渡っているのか。

BSE スイスで8年ぶり狂牛病

国際獣疫事務局(OIE)によると、スイス中部の農場で、牛海綿状脳症(BSE)の感染牛が確認された。スイスで狂牛病の症例が報告されたのは2012年以来8年ぶり。

このコンテンツは2020/02/11 11:02に配信されました

スイス人の家計簿シリーズ・その2 事務職員の家計簿

スイスの異なる業界で働く3人に、1週間家計簿をつけてもらった。これを見ればスイス人がどれだけ稼ぎ、どのように支出しているか、スイスで暮らしていない人もイメージしやすくなるだろう。第2回は事務職員の女性。フルタイム勤務で手取り収入は4482.95フラン(約50万5千円)。

権力闘争 クレディ・スイス、「スイス回帰」で名声回復か

スイスの銀行大手クレディ・スイス(CS)の取締役会は、多くの株主の期待に反してティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)の退任を決めた。後任はスイス国籍を持ち、現在CSの国内事業を率いるトマス・ゴットシュタイン氏だ。

経済も混乱 スウォッチが時計見本市を中止 新型コロナウイルス感染拡大で  

新型コロナウイルスの感染拡大がスイスの実体経済にも影響を及ぼし始めた。スウォッチが今月末予定していた時計の見本市の中止を決めるなど、イベントの中止や生産活動の縮小が相次ぐ。

メガバンク クレディ・スイスCEOが辞任 内偵スキャンダルで

内偵スキャンダルに揺れる金融大手クレディ・スイス(CS)は7日、ティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)の辞任を発表した。

このコンテンツは2020/02/07 8:44に配信されました

流通 スイスの高級百貨店グローブス、10億フランで売却

スイスの小売最大手ミグロは4日、傘下の百貨店グローブスを売却すると発表した。売却先はタイの小売最大手セントラルグループとオーストリアの不動産会社シグナの合弁会社。売却額は約10億フラン(約1100億円)と報じられている。

このコンテンツは2020/02/05 12:41に配信されました

フィンテック スイスのブロックチェーン企業、3年連続で増加

スイスのブロックチェーン業界が拡大を続けている。2019年末時点で関連企業数は842社(リヒテンシュタインを含む)と、前年から100社近く増えた。増加は3年連続だが、勢いには陰りも見える。

このコンテンツは2020/02/05 11:00に配信されました

気候変動 スイスとEU、排出量取引制度を連結

スイスと欧州連合(EU)の排出量取引制度(ETS)が今年1月1日、連結された。パリ協定の目標達成に向け、二酸化炭素(CO2)排出量の削減に弾みをつける。

ジュリアス・ベア スイスのプライベートバンク大手、300人リストラ

スイスのプライベートバンク大手ジュリアス・ベア(本店・チューリヒ)のフィリップ・リッケンバッハー最高経営責任者(CEO)は3日、今年、300人を雇用削減すると発表した。昨年の2ケタ台の減益を受け、新たな事業戦略で利益率の改善を狙うという。

このコンテンツは2020/02/05 6:00に配信されました

米イラン関係 スイス推進の人道物資貿易、「米国の善意ではない」イラン外相

スイスと米国が合意し、先月始まったイランへの人道支援物資の貿易について、イランのザリフ外相は3日、「米国の善意を示すものではない」と語った。現地メディアが報じた。

このコンテンツは2020/02/04 10:53に配信されました

コロナウイルス 欧州航空会社、中国発着便の欠航を延期

スイスインターナショナルエアラインズ(SWISS)と親会社ルフトハンザは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国発着便の運航停止を延長すると発表した。

このコンテンツは2020/02/04 8:49に配信されました

スイス人の家計簿シリーズ・その1 訪問介護士の家計簿

スイスの異なる業界で働く3人に、1週間家計簿をつけてもらった。これを見ればスイス人がどれだけ稼ぎ、どのように支出しているか、スイスで暮らしていない人もイメージしやすくなるだろう。第1回は介護サービスでチームリーダーを務める女性。彼女の手取りは月5600フラン(約63万5千円)だ。

チョコレート レダラッハ不買運動、SWISSが提携解消

スイスインターナショナルエアラインズ(SWISS)は、過去10年間に一部の搭乗者へ配っていたスイスの老舗チョコレートブランド「レダラッハ」のチョコ入りボックスについて、4月中旬からこれを取りやめる。マイノリティ団体によるレダラッハの不買運動が影響したとみられる。

このコンテンツは2020/02/03 10:33に配信されました

ファクトチェック 「スイス製」は高品質ってホント?

swissinfo.chの読者から、スイスで売られている製品は全て、欧州連合(EU)に比べ厳しい品質基準をクリアしているのは本当か、という質問が寄せられた。これは本当なのか?

新型コロナウイルス 武漢に帰ったスイス・中国人一家

中国で新型コロナウイルスによる肺炎が広がり、震源地の武漢市は世界から隔離されつつある。春節(旧正月)に香港に旅行していたスイス・中国人家族が、武漢に帰宅するまでの道のりは困難を極めた。

仮想通貨 ツェルマットでビットコイン納税スタート スイスで2番目

スイスを代表する観光地ツェルマットは28日、仮想通貨ビットコインで納税できるようにすると明らかにした。スイスでビットコイン納税を導入する2番目の自治体となる。

このコンテンツは2020/01/31 10:51に配信されました

スイスの経済 スイスの貿易収支が過去最高の黒字

スイスの昨年の輸出は前年比3.9%増の2423億フラン(26兆6530億円)で、輸入は同1.6%増の2050億フランだった。貿易収支は過去最高の373億フランの黒字だった。化学薬品輸出の好調が大きく貢献した。

このコンテンツは2020/01/30 10:22に配信されました