外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都は14日、豊洲市場(江東区)で継続している地下水調査で、8月に採取した水から、飲み水の環境基準の120倍に当たる有害物質ベンゼンが検出されたと発表した。これまで最大だった100倍を超える値で、地下水の汚染状況は続いていることが判明した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信