【ワシントン共同】米首都ワシントンのスミソニアン米国歴史博物館で19日、第2次大戦中に「敵性外国人」として強制収容された日系米国人の苦難を振り返るイベントが開かれた。登壇者からは「人種、宗教の違いにより忠実な米国民とみなされず」強制収容に至ったとの指摘が出た。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。