【ワシントン共同】米下院監視・政府改革委員会は19日、トランプ政権の高官らが安全保障担当の当局者らの反対を押し切り、議会の審査も受けずにサウジアラビアに原発技術を移転する計画を進めたのは原子力法違反の疑いがあるとして調査を始めたと発表した。政権内の複数の内部告発者が計画の経緯を詳細に明らかにしたという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。