ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ジュネーブ国際モーターショー2017 車内で野菜栽培も スイス産のびっくり自動車

現在開催中の第87回ジュネーブ国際モーターショーでは、スイス人デザイナーたちによる近未来感たっぷりのコンセプトカーも展示されている。(Julie Hunt、swissinfo.ch)

70万人の来場者数を見込むこのモーターショーは、スイス国内最大級のイベントであると同時に、フランクフルト、パリ、デトロイト、東京に並ぶ世界5大モーターショーの一つとされる。

広大な展示スペースには、世界・欧州初披露の148台を含む900台の自動車が展示されている。同見本市を最も特徴付けるキーワードは、「テクノロジー」と「デザイン」だ。

スイスのデザイン・スクールSbarroは今回、オープンカー仕様のモハベ・ロードスターやオフロード車のArCadなど、ユニークなコンセプトの車を初披露。自動運転EV車両Oasisを披露したスイスのコンセプトカー開発会社Rinspeedは、カブや盆栽を育てられる小さな栽培スペースを車内に取り入れた。

(英語からの翻訳・大野瑠衣子)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。